プーケット 歴史

プーケット 歴史

ナコーンはスコタイ王朝(アユタヤ王朝)とともに動きます。
そして、その後影響を受けたことは考慮されます。
他方、がおよそ1780年に地元の有名な従業員と老人によって1841年に編集した
「タラーン年代記」によると、クダ王国(英語版)の王国の干渉があったということを記録されます。

プーケットの歴史で、プーケットをもつ姉妹が1785年にビルマで侵入を撃退したという
物語は、有名です。
その頃プーケットの中心であった現在のタラーン郡の王の妻は今年にとてもすでに死にました。
クンイン・チャンは妹のムックと協同して兵士を集めて
地元の有名人その他でミャンマーを撃退しました。
ラーマは、最初にとても動かされて、2人の女傑にターオ・テープ・カサット・リーと
ターオ・シースントーンのタイトルを送られました。
ターオ・テープ・カサット・リーの息子ティエンは
これの後の「喘息にかかっているタラーン王」と呼ばれているあだ名によるタラーンの王になります。

10を通しての1809のために、ビルマには1811年から12までプーケットにぶつかって
次の1,809年の間、ビルマが出荷すると言うためにケースがありました。
1821(ホーイがクダ王国に訴えるために刑に送信しそうだった縁)年に
プーケットに住んでいた中国人の商人離間のために捕らえます。

copyright(C)チェンマイ遊びガイド