プーケット スマトラ沖地震

プーケット スマトラ沖地震

そして、第5にはラーマの時代には、プーケットで、タイ人以外の海の取引によって
送られるtin.Phuketの生産について、それは管理の中心の区でした。
チャオ定住の場所でしたのに関して(海ジプシー)
そして、発掘、13からのスズの取引、およそ14世紀に従事している福建系中国語は
1917まで歴史的に多くのプーケット内に流入しました。
これらの中国の移民の子孫による棍棒、とげを体の至る所に突き刺す流血のフェスティバルと
ダウンタウンでまわりのパレードに、仏教サービスFestivalの豪華な食事は、タイの全国で有名です。

しかし、それはスマトラ沖地震によって発生する大津波のために攻撃されて
2004年12月26日に、土地に隣接している岸のまわりで多数の犠牲者を始めました。
そして、ホテルとレストラン(岸に面した店)のような観光施設以外の
住宅地は破壊されて、いろいろな基盤でひどく傷つけることを受けました。

リバイバルは速く進みました、そして、浜辺通りの土地再調整は同時に国際的な
手段として更なる開発を目指して推進されました。
そして、特にパトンビーチで美しかった浜辺道はその後完成しました。
そのうえ、また、タイの政府観光庁と航空会社によるキャンペーンは行われました。
そして、観光客の数はその後、また大津波の前に回復を標準において成し遂げました。
アジアで浜辺トーナメントを開くことは、2016年に計画されます。

copyright(C)チェンマイ遊びガイド