料理

料理

日本でも馴染みのあるタイ料理。エスニック料理と聞くと、真っ先に思い浮かべるのがタイ料理ではないだろうか。お店も多く一度は口にしている人も多い、タイ北部の料理を味わうのもチェンマイの楽しみのひとつ。

代表的な料理は「ホー・ヌン・ガイ」、「カオソーイ」、「サイウア」、「ケープムー」。
「ホー・ヌン・ガイ」
下味をつけた鶏肉とナスとハーブをバナナの葉で蒸し焼きにした料理。
「カオソーイ」
ココナッツミルクのカレースープのなかに麺が入った料理
「サイウア」
「チェンマイ・ソーセージ」ともいわれる、スパイスのある腸詰のような料理
「ケープムー」
豚の皮をカリッと揚げた料理
これらの料理は、レストランや屋台で楽しめ、庶民的な地元ならではの郷土料理として食べられている。
どちらかと言えばソフトな味わいのものが多く、辛いのが駄目だという人にも充分楽しめる料理です。

特に伝統的な郷土料理を試してみたいという人には、「カントーク」
丸いお膳のことをカントークという。野菜と豚挽き肉のピリ辛クリーム状のソースの「ナム・プリック・オーン」、生姜の味がピリリときいたポークカレーの「ゲーン・ハンレー」といった、何種類かの小鉢ともち米がお膳にのっている料理のスタイル。
このスタイルはランナー王朝時代からのもので、貴族たちが客人を歓迎するためのものであった。
レストランではカントークを食べながら伝統舞踊なども一緒に楽しめるところもある。

また、チェンマイで最大のワローロット市場では、きのこやぜんまい、栗、柿、竹の子に川エビや魚といった、タイ北部ならではの食材がたくさん売られている。

copyright(C)チェンマイ遊びガイド