タイという国の見どころ

タイという国の見どころ

タイという国は、本来は絹織物、漆器および傘のような手仕事で有名でしたが、それは今、
観光地として有名です。

ラーンナータイ王国時代の多くの寺院が残ります。
また、さらに、それは北部山岳地帯を歩いて旅をすることの基礎になりました。

さらに、イクラ・トンは毎年、ソンクラーン(水掛フェスティバル)および11月の中で4月に
行なわれるでしょう。
また、多くの観光客が、タイの内部からこの時期に集まるでしょう。

何百もの人が、日本の人々が隣接するところで、ランプーン工業団地にて働く代表に注目
して生きています。
さらに、退職年齢グループの長いステイ・ポイントとして最近人気となっています。

都市エリアは、四方によって溝に包まれた旧市街、および周囲へ広がるニュータウンがあります。

塁は溝の内側を以前囲みましたが、それは道路建設のために引き下ろされただ一つです。
ターペー・ゲートのようないくつかのゲートは今形跡を止めました。
町から、ドーイス・テープは南西の方向に望むことができます。

ピン河は町の東側上にあり、北から南へ流れます。
さらに、この川はより低い流れの中でバンコクのチャオプラヤへ変わります。

タイは観光地としても訪れたい場所ではないでしょうか?

copyright(C)チェンマイ遊びガイド