ワット・プラシン

ワット・プラシン

ワット・プラシンという寺院があります。
これは正確にはワット・プラシン=ウォーラマハーウィハーンという名前になっています。
それは、タイ王国(チャン・マイ)の寺院です。
ラーンナー王が1,345年から6年まで父の骨を埋められて柔らかにあなたの先頭にたったので、それを築いた。
そして、シヒン・ブッダ(ライオン・ブッダと呼ばれている意味)を崇拝しに来たと言われました。
そして、ワット・リーチエンプラたがは呼ばれるようになりました。
ワット・プラスチック後で最初はShin(ライオンの寺院)。
ケーオ王がこの寺院で有名なものを造ったホート・ライ麦と呼ばれている半分は具体的です。
そして、半分は木の建物(最高のページ権利一員の写真)です。
しかし、生きているホート・ライ麦(およそ1924人のチャン・マイの王)に関しては、ケーオナワラットはあなたにそれを作り直させました。
その中に、あなたにタイのアーティストのShinピーラシーを賞賛させるフレスコ画が、あります。

ここは十二支仏塔というのが見所です。
シヒン・ブッダへのプラスチックすっぱいプラスチックShinは、プラスチックすっぱいプラスチック・チャム語Pクートの1人で、とてもa-bornな人がDragonのYearで巡礼に関して訪れなければならない場所でされます。

copyright(C)チェンマイ遊びガイド