チェンマイの遺跡や建築物

チェンマイの遺跡や建築物

タイのチェンマイには、様々な遺跡や建築物があります。

ラーチャ・ウォラー・ウィハーンがそうです。
これは、北部のタイ・チェンマイ県の仏教寺院です。

それは、1383年にラーンナータイ王朝の6番目の王クーナーによって構築されました。
一般名はワット・ドーイス・テープです。

それがステープ山(ドーイステープ)の山の頂上、プイ国定公園の内側によって、および寺院の
都市エリアから門までチェンマイを見下ろす場所に位置しており、現在では舗装道路は改善
されております。
また、それは自動車で行くことができます。

チェーディー(仏塔)があります。
寺院およびフランスの舎利において金色のどの像が格納されます。
寺院に至る道は、1935年に高く高潔な聖職者シーウィ・チャイになるでしょう。

殊勲は賞賛されます。
また、麓には記念碑があります。

さらに、金色のイメージは寺院で崇拝されます。
大和から寺院へ、ケーブルカーがあります。
それは、石段に達せずに、寺院に入ることができます。

毎年、この場所には多くの人々が多数参列するようです。

このように、タイに観光に行くと分かりますが、歴史的な建造物が数多く存在するようです。
これらの歴史は、とても古いものであるようですね!

copyright(C)チェンマイ遊びガイド