タイの歴史的な建造物

タイの歴史的な建造物

タイと言えば、歴史的な建造物も多くあります。
その中の1つとして挙げられるのが「ワット・プラシン」です。

ワット・プラシンとは、ラマ教ハーウィハーンはタイ王国とチェンマイの寺院です。

それが構築したことは、建築された年は1345年〜1346年頃にラーンナー王であるパーユーに
よって、父親の骨を埋めるためと言われており、当初の予定ではワット・リーチエンプラで
あったが、後からシヒン仏(※意味は獅子仏)を飾る事になり、その後にワット・プラシン
(※獅子の寺)と言われるようになったとされています。

この寺院で有名なものがどれと呼ばれる場合、それはケーオ王によって構築されたホートライ
と言われている半分において木製の建物と半分がコンクリートのものが挙げられます。

しかしながら、1924年の時のその時のチェンマイ王およびケーオナ・ワラットは、既存の
ケーオナワラットを再建させます。

シン・ピーラシー(タイの芸術家)を実行し、他のものを賞賛するために作られた壁画があります。

また、ムアンチエンマイ郡には「十二支仏塔」と呼ばれる有名な遺跡もあります。

プラタートプラシンあるいはシヒン・ブッダはプラタートプラチャムピークートのうちの1つで、
それに悪魔の年で生まれた人が巡礼に訪れるべき場所にさせました。
それが巡礼を着る場合、次の経典の暗唱が推奨されます。

copyright(C)チェンマイ遊びガイド